モデル3が故障したのでサービスセンターで検査することになりました

使い方

テスラモデル3納車から1年半、22000km走行しました。ついにサービスセンターでモデル3を点検することになってしまいました。

タイヤの空気を入れるためホイールカバーを外したら、、

最近は朝晩が涼しくなってきました。

と思っていたら、タイヤの空気圧が減っているという警告がでました。テスラはタイヤの空気圧を検知していて、空気が減ったら通知が出るようになっています。

タイヤ周りの点検にもなるので、ホイールカバーを外して自転車の空気入れで空気を補充します。

高圧タンクの付いているタイプの空気入れなら、車のタイヤにも空気を入れることができます。

ホイールカバーの外し方は、外側に引っ張るだけです。結構力任せなので、手袋をしたほうがいいかもしれないです。

ちなみに大体20回のピストンで0.1の増加です。結構な運動になります。

あれ、右後輪だけなにか違う・・

右側の後輪から作業開始です。

順番に空気を入れていきます。

しかし、なにか違和感が、、、

右後輪のホイールにブレーキダストが結構ついています。

通常の外車はこんなものです。

しかし、テスラは回生ブレーキで減速するため、あまりブレーキパッドを消費しないはずです。

スポーツ走行はしていないので、こんなになるはずがありません。

アップしてみました。

左後輪です。

全然ブレーキダストが付いていません。

外の前側のホイールも全く同じでブレーキダストはありませんでした。

つまり、右後輪のブレーキパッドのみ何らかの理由で減っているということになります。

早めに気がついてよかった

やはり自分で確認することは大事です。

田舎で雪が降るので、融雪剤がかかるし、毎日雨が降るくらい湿度の高い環境に青空駐車ですから、負担は大きいと思います。

多少面倒でも、点検はしたほうがよいようです。

テスラアプリでサービスを依頼

なにか自分でできることはないかなと思い、聞いてみることにしました。

といっても、テスラアプリのサービスに写真を添付して問い合わせしました。

意外と早く数時間で返信が来ました。

電話で待たされるより、こちらのほうが時間がかからないので楽です。

予約が完了したらこんなふうになります。

スマホアプリのサービスから修理を依頼します。色々選択肢が出ますが、「その他」を選んで状況を説明します。

写真を添付すると、話が早くなる気がします。

今のところ、費用の見積もりは0円です。

実際はどうなるのか、気になります。

サービスセンターかヤナセで検査が必要

テスラアプリのチャットにサービスセンターからのメッセージが届きました。

どうもブレーキローラーテストでブレーキの左右差を点検する必要があるようです。

これができるのは近くでは豊中サービスセンターまたは岡山のヤナセということです。岡山に比べれば豊中が近いですが、片道100km以上の移動です。

貴重な休日が消えてしまいますが、興味もあるのでドライブついでに行くことにしました。

それにブレーキになにかあったら一大事です。

素人的には特に走行に違和感は無いですが、重い車なので気が付かないだけかもしれません。

場合によっては遠くまでモデル3を持っていくことがあります

というわけで、テスラ モデル3 スタンダードレンジプラス2021年製、納車1年半、約2万キロ走行でサービスセンターに持っていく状況となりました。

このモデル3は上海工場稼働の1年目のモデル3ということで、ドアトリムの異音など、組み立ての甘さ?と思われる不具合がありました。

サービスセンターに実際に予約できたのは来月です。

重症でないといいのですが、このようなことがあるとやっぱりサービスが遠いのはデメリットだなと感じてしまいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました