モデル3スタンダードプラスのホイールをタッチアップしました

便利ツール

モデル3の18インチホイールについたガリ傷を補修しようとして、ペンキの色が全く違ったのでペンキを買いなおしました。

今日は天気が良く気温も上がりそうなので、再チャレンジです。

カラータッチが届きました

この1E9という色が良いそうなので、注文しました。

暖かい日といっても、20℃くらいしかないので、40℃くらいのお湯で缶を温めてから使っています。

スプレータッチメントのストロー部分は2本入っていたのですが、なくしてしまったので古い方を再利用しました。古いペンキがストローに残っていると、新しいペンキと混ざってしまいます。

針金を使って中に残っているペンキを掻き出して、きれいにします。

サンドペーパーをかける

前回シルバーで塗ってしまった部分を1000番のサンドペーパーで均します。ついでに凸凹が気になる部分もやってしまいます。

終わったらきれいに掃除して脱脂します。

乾燥のため15分以上経ってから作業再開です。

ビニールテープでマスキング

ホイールの内側はクラフトテープではマスキングが甘いようなので、手持ちのビニールテープでマスキングしてから、クラフトテープでマスキングしています。本当はマスキングテープがあればよかったんですが、使い切ってしまって持っていなかったのでビニールテープで代用しました。

何度かに分けて、少しずつ塗っていきます。垂れると修正が面倒になるので、薄めに塗っていきます。

といっても、ある程度塗らないとペンキが面にならないので、慎重に塗り重ねます。

スプレー缶がすぐ冷たくなってしまうので、手で温めたり日向に置いたりして温めながら塗っていきます。

いい感じに補修できました

1時間程乾燥させて、マスキングテープを剝がしました。ペンキにはクリアーを後から塗るように指示されていましたが、面倒なのでこのまま様子見するつもりです。

相当細かい人でないと判らないくらいには補修できたと思います。

補修に最適なセットはこれかも

  1. ホルツ タッチガンMH20011
  2. ホルツ カラータッチ1E9 MH32101
  3. ホルツ タッチガン専用クリア MH20030
  4. 耐水ペーパー1000番、300番
  5. シリコンリムーバー
  6. マスキングテープ
  7. クラフトテープ

いろいろ失敗した結果、上記のリストをそろえれば無駄なく補修できそうだと判りました。

注意点として、1.タッチガンは単品で買うと安いのですが、4.耐水ペーパーと5.シリコンリムーバーが付いていません。

耐水ペーパーなどは100均でも売っていそうですが、カラータッチとセットになっているタッチガン(MH20015など)を購入して、クリアとカラータッチを追加してサンドペーパーとシリコンリムーバーを探す手間を減らすのもありかなと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました