急速充電を開始して2分で異常停止したときのZESP3の料金はどうなるのか

充電

しあわせの村の急速充電器が2分で異常停止

神戸市北区の「しあわせの村」によることがあったので、第2駐車場にある急速充電器を使ってみることにしました。

ZESP3カードで認証し、充電を開始しました。始めは順調に充電をしていましたが、2分くらいしてエラーが発生し、充電が止まってしまいました。開始しようとしてもできません。

0.3kwh充電で10分(1回)課金

結局2分しか充電できませんでした。しかし充電料金は1回分、つまり10分の料金がかかってしまいました。

0.3kwhで275円、1kwhあたり916円の料金です。電気の単価は過去最高です。

さすがにこれはしんどいと思ったので、こういうときどうなるのか聞いてみることにしました。

問い合わせしてみた

日産EVカスタマーセンター(電気自動車オーナー専用)にこういうときどうなるのか問い合わせの電話をしました。

すぐに回答できないので、折り返し電話するという内容でした。ここに至るまで20分くらい電話していたと思います。

数日かかるみたいなので、気長に待ってみることにします。

日産自動車から回答がきました

3日後、日産自動車の担当者から電話がありました。確認が取れたので、ほとんど充電できなかった1回分をなかったことにした。ということでした。

時間がかかる理由は、日産自動車に設置している充電器のエラーは内容がわかるけれど、eMPネットワークの充電器のエラーは分からないため、電話などで確認する必要がある、ということのようです。

丁寧な対応に頭が下がります。ともかく、今回のようなときは連絡してみる価値があるということがわかりました。

充電回数が4回から3回に減っていました

今後どうするか

日産自動車の充電器は不具合が起こったことがないので、日産自動車は悪くありません。

それどころかZESP3 がなかったらかなり高額な充電料金がかかるところを、他社の車両でもZESP3 会員に登録できるようにしていただけていて感謝しかありません。

これから一回でもエラーの起こった充電器は利用しないようにして、今回のようなことが起こらないようにしていきたいと思います。

今回のように使えない急速充電器がかなりあることがわかってきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました